※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「狂気山脈 陰謀の分水嶺」遊んでみたよ(ネタバレなし)

【マダミスレビュー】「狂気山脈 陰謀の分水嶺」遊んでみたよ(ネタバレなし) マーダーミステリー

南極最奥地に発見された世界最高峰「狂気山脈」――
発見された”異常な死体”と続く奇妙な殺人事件の真相とは!?

「狂気山脈 陰謀の分水嶺」ってどんなマダミスなの?

今回はマーダーミステリー「狂気山脈 陰謀の分水嶺」について、ネタバレなしでレビューしていきます!

本作のあらすじや遊び方、プレイ感想や個人的な評価についてご紹介していますので、これから遊ぶ予定の方は、参考にしてみてくださいね。

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』ってどんなマダミス?

【マダミスレビュー】「狂気山脈 陰謀の分水嶺」遊んでみたよ(ネタバレなし)
引用:https://dappleox.booth.pm/items/2277754
商品名狂気山脈 陰謀の分水嶺
プレイ人数6人
(PL:5人、GM:1人)
プレイ時間240分
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎2020年~
デザイナーダバ & まだら牛

狂気山脈 陰謀の分水嶺』は、クトゥルフ神話のステージ”狂気山脈”を舞台としたマーダーミステリーです!

クトゥルフ神話TRPGのシナリオ「狂気山脈 邪神の山嶺」を制作したまだら牛氏によるマダミスで、多くの人に愛されている大人気シナリオです◎

本作品はオンライン(ccfolia)で遊べるデータツールと、オフラインで遊べるパッケージ版の2種類から選んで遊ぶことができます。いずれもシナリオを遊ぶためにはGMが必要です。

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』のあらすじ

【マダミスレビュー】「狂気山脈 陰謀の分水嶺」遊んでみたよ(ネタバレなし)
引用:https://booth.pm/ja/items/1980320

南極大陸の最奥地に座する未知なる漆黒の峰々、「狂気山脈」――

近年発見されたその山脈は最高硬度が標高1万mを超え、エベレストを遥かに凌ぐ新たなる世界最高峰であることが明らかになりました。

多くの登山家や未知の探究者たちを惹きつけたその山は、気候の苛烈さや踏破の困難性から人を寄せ付けぬまま、神秘のヴェールに包まれています。

そんな折、ひとつの登山隊が世界最高峰への登頂に挑みます。

そこで彼らは、かつて消息の途絶えた”狂気山脈最初の挑戦者たち”、第一次狂気山脈登山隊の見るも無残な遺体を発見します。

遺体の状況は、その死が単なる事故死ではないことを物語っていました。

帰還した登山隊の報告を受け、その遺体の謎を解明すべく、狂気山脈の調査登山隊が結成されることとなりました。

誰が呼んだか、狂気山脈。あなたはこの最高峰に立ち向かい、事件の真相に辿り着くことができるのでしょうか?

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』の登場人物

それでは、第一次登山隊の遺体の謎解明のため、各分野のプロフェッショナルで結成された登山隊の役職をご紹介していきましょう。

隊長(被害者)

マダミス登場人物
  • 登山隊の隊長
  • 南極極地調査隊のベテラン
  • 極地調査のプロフェッショナル

登山家

マダミス登場人物
  • 山岳踏破の専門家
  • 山岳地帯の踏破やルート開拓のために招集

記者

マダミス登場人物
  • 僻地や極地などサバイバルを伴う環境での取材の専門
  • 真実を届けるために登山隊としてやって来た

調査員

マダミス登場人物
  • 隊長と同じく南極極地調査隊の一員
  • 現地調査は隊員のサポートなど調査運営業務に幅広く尽力

医者

マダミス登場人物
  • 調査登山隊のメンバーのメディカルケアを担当

教授

マダミス登場人物
  • 狂気山脈のきわめて特殊な地質を調査するために来た地質環境の専門家

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』の遊び方/ルール

【マダミスレビュー】「狂気山脈 陰謀の分水嶺」遊んでみたよ(ネタバレなし)
引用:https://dappleox.booth.pm/items/2277754

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』のゲームの流れは次の通りです。

ゲームの進行
  1. ルール説明
  2. シナリオトレーラー
  3. 配役の決定・キャラクターシートの読み込み
  4. ミッション配点
  5. プロローグ
  6. ソロ調査(5分)
  7. バディ調査(3分×5)
  8. ソロ調査(5分)
  9. バディ調査(3分×5)
  10. 全体会議(10分)
  11. ホワイトアウト(約15分)
  12. ソロ調査(5分)
  13. バディ調査(3分×5)
  14. ソロ調査(5分)
  15. 最終会議(20分)
  16. 推理&投票(3分)
  17. エンディング

それでは、各フェイズについて詳細を見ていきましょう。

ルール説明

『狂気山脈 陰謀の分水嶺』のルールや注意事項を、GMがプレイヤー全員に説明します。

シナリオトレーラー

GMが、GM用ルールブックにある「導入1:シナリオトレーラー」を読み上げます。

ここで物語の背景をプレイヤー全員と共有します。

配役の決定・キャラクターシートの読み込み

各プレイヤーがどのキャラクターを担当するかを決定し、GMはプレイヤーにキャラクターシートを配布します。

プレイヤーは配布された設定書の内容を黙読します。

ミッション配点

キャラクターには個別の目標(ミッション)が複数設定されています。

各プレイヤーは、自分が担当するキャラクターのミッションに合計10になるように配点を行います。

プロローグ

配点が終わったら、「プロローグ」ファイルを読み上げます。

この「プロローグ」の文章にあわせて、それぞれのキャラクターの自己紹介もあわせて行います。

ソロ調査(5分)

プレイヤーキャラクターがバラバラに調査を行っている状態です。

オープン無線は通じているので会話は可能ですが、密談やカードの譲渡はできません。

手順
  1. GMが指定した行動順に従い、取得したいカードを選択
  2. 全員がカードを選択したら、GMの合図により一斉に内容を確認

バディ調査(3分×5)

雪山の調査活動は、時に危険を伴います。

1人では危険が伴う場所などもあるので、ここではパートナーと一緒に周辺を調査します。

2人きりでいる間に、周りに聞かれたくない話をするための”密談”を行うことも可能です。

残りのプレイヤーキャラクターたちはキャンプで待機状態です。

まっている間、オープン無線で自由に会話することができます。

ここでは、”密談”やカードの譲渡はできませんが、持っている情報を全体公開することは可能です。(特定の相手にだけカードを見せるのは”密談”でしかできません)

手順
  1. 手番のプレイヤーが調査のパートナーを指名
  2. 2人で密談場所に移動
  3. 調査する情報カードを指定
  4. 情報カードを2人で閲覧し、手番プレイヤーが入手

全体会議(10分)

探索して集めた情報を元に、全員で会議を行います。

情報カードの全体公開やカードの譲渡が可能ですが、”密談”を行うことはできません。

ホワイトアウト(約15分)

GMがプレイヤー全員に追加のハンドアウトを配布し、内容の読み込みと適宜休憩を挟みます。

プレイヤー全員が追加ハンドアウトを確認したら、各プレイヤーとGMの密談を各1分行います。

最終会議(20分)

深まる疑念に、事態は最終局面へと突入します。全員で自由に会話を行います。

このタイミングでは、カードの公開、譲渡はもちろん、”密談”も可能です。

ただし、”密談”は1人につき1回のみ、2分間だけ機会が与えられます。(ラスト5分は密談不可)

推理&投票(3分)

GMの指定の投票方法で、プレイヤーは各自で情報を整理しながら推理し、犯人の投票を行います。

エンディング

GMが『狂気山脈 陰謀の分水嶺』のエンディングを読み上げ、物語の終焉を迎えます。

その後、GMが各プレイヤーの目標達成/未達を判定し、それをもとに各キャラクターの得点計算をします。

最も高得点だったプレイヤーの勝利!ですが、物語を最も楽しんだ人が優勝です◎

評価と感想

それでは、独断と偏見による個人的な評価と感想をお話していきます!

わたしの卓では下記の条件で遊びました。

参加人数:  5名+GM(全員マダミス経験者)
プレイ時間: 約5時間 ※感想戦込み
GM有無:   有
担当キャラ: 医者

評価

マダミスの”推理”とTRPGの”自由度”が絶妙なバランス!最高峰級のシナリオです◎

さすがはクトゥルフ神話の世界観、じわじわと身体の芯からこみ上げる悍ましさがクセになります。

今回わたしはプレイヤーとして通過しましたが、再度GMとしてシナリオを回したくなるほどGM視点もめちゃくちゃ楽しいシナリオだと思います!

難易度

難易度は『高め』です。

ただ、ゲームシステム上の複雑さなどはなく、GMを据えて遊ぶため、初心者の方でも難なくプレイできると思います。

キャラクター設定書の量はとても少なく、鳥頭のわたしにやさしい、とてもありがたい分量でした。笑

クトゥルフ神話の世界観に馴染みのない方は、TRPGや小説など、何らかの形で少しでも触れておくとより楽しめるかなと思います。

感想

惨憺たる驚きが止まらない、趣深いシナリオでした!

クトゥルフ神話TRPG『狂気山脈 邪神の山嶺』がとても面白いシナリオなので、かなり期待して臨みましたがちゃんと面白かったです◎

他のマダミスでは見ることのできないギミックが散りばめられている他、なかなか実現が難しい仕掛けを違和感なく織り込んだプレイヤー・GM問わず全員が楽しいシナリオでした。

しかも、このシナリオを通過した人のみが遊べる続編もあるようで、絶対いつか通過したい!!

まとめ

今回はマーダーミステリー『狂気山脈 陰謀の分水嶺』についてレビューしました!

クトゥルフ神話の有名な山嶺「狂気山脈」に潜む謎を、ぜひ解き明かしてみてくださいね。

本ブログでは、他にも5人、6人で遊べるシナリオなど、おすすめの面白いマダミスを多数ご紹介しています。

よろしければ下記もあわせてチェックしてみてください!!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました