※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「奇想、アムネジア」遊んでみたよ(ネタバレなし)

【マダミスレビュー】「奇想、アムネジア」遊んでみたよ(ネタバレなし) マーダーミステリー

第1回新作マーダーミステリー大賞・パッケージ部門受賞作品、
各界著名な奇術師たちの騙し合いミステリー!

「奇想、アムネジア」ってどんなマダミスなの?

今回は、グループSNE×cosaicのマーダーミステリー「奇想、アムネジア」について、ネタバレなしでレビューしていきます!

本作のあらすじや遊び方、プレイ感想や個人的な評価についてご紹介していますので、これから遊ぶ予定の方は、参考にしてみてくださいね。

『奇想、アムネジア』ってどんなマダミス?

商品名奇想、アムネジア
プレイ人数7人(GMなし)
プレイ時間150分
対象年齢15歳~
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎2021/12/3
デザイナーアーキテクト
サイズ27 x 19 x 3 cm
版元グループSNE/cosaic
日本語版販売グループSNE/cosaic

奇想、アムネジア」は、グループSNE×cosaicより発売されている大人気シリーズ”MYSTERY PARTY IN THE BOX SERIES”のひとつで、奇術師たちの騙し合いが白熱するシナリオです!

この作品は、第一回マーダーミステリー大賞のパッケージ部門で受賞されている作品で、GMなし・オフラインで楽しめるミステリーゲームになります◎

また、このシナリオは7人限定シナリオで、NPCを設定することはできませんので要注意です。

『奇想、アムネジア』のあらすじ

日本マジック界の至宝と謳われた伝説の奇術師・華城蒼也、彼が山奥に建てたばかりの別荘「魔術館」で落成記念パーティが開催されることになりました。

パーティに招待されたのは、皆各界を代表する有名なマジシャンたちでした。

宴も終わり、夜も更けた頃、突然館が耳を貫く爆音に包まれます。

音を聞きつけ、駆け付けた招待客たちが消火活動をすると、なんと室内から焼け焦げた華城蒼也の死体が発見されたのです!

殺人事件の容疑者と目される7名、全員が手品師という惑わしのプロフェッショナル、、、

一世一代の騙し合い、最後に笑うのは果たして誰なのでしょうか!?

『奇想、アムネジア』の登場人物

Ladies and Gentlemen!

それでは、各分野を代表する有名な7名のマジシャン(容疑者)をご紹介しましょう!!

佐伯一洋(32歳/男性)

マダミス登場人物
  • カードマジシャン
  • クローズアップマジックの達人
  • 舞台で演じるステージマジックは不得手
  • 日本人最年少での「マジシャン・オブ・ザ・イヤー」受賞歴がある

マドウ健司(65歳/男性)

マダミス登場人物
  • 関東奇術連盟の会長兼マドウ一座の座長
  • かつてイリュージョニストとして一世を風靡
  • 現在は活動の場をメディアから演芸場に移している
  • コメディ仕立てのマジックショーが得意

マドウ魔遊(24歳/女性)

マダミス登場人物
  • アイドルマジシャン
  • 元国民的アイドルグループのセンター
  • アイドル時代に番組で手品を演じたことがきっかけでマジシャンに

柳米太郎(35歳/男性)

マダミス登場人物
  • 城北大学教授の天才物理学者
  • 物理の知識を活かしてTVのコメンテーターを務める
  • 大人気TV番組「米太郎せんせいの科学てじな」に長年出演している

TAIGA(27歳/男性)

マダミス登場人物
  • 超能力風マジックを専門とするメンタリスト
  • 心理学や催眠療法などを取り入れたパフォーマンスが得意
  • 精神医学や自己啓発にまつわる著書を出版

ラビエル(年齢不詳/女性)

マダミス登場人物
  • マスクドマジシャン
  • 若者に絶大的な支持を受ける動画配信者
  • 不特定多数に対して大々的にマジックの種明かしを行っている
  • 業界から命を狙われているため覆面で素顔を隠している

谷村泰水(48歳/男性)

マダミス登場人物
  • 華城蒼也(被害者)の元アシスタントで現在は執事(使用人)
  • 物腰は柔らかく几帳面
  • よくメモを取る習慣がある

『奇想、アムネジア』の遊び方/ルール

「奇想、アムネジア」のゲームの流れは下記の通りです。

ゲームの進行
  1. オープニングフェイズ
  2. 第1調査フェイズ(20分)
  3. 第1自由討論フェイズ(10分)
  4. 第2調査フェイズ(30分)
  5. 第2自由討論フェイズ(30分)
  6. 推理フェイズ(1人1分)
  7. 投票フェイズ
  8. アクションフェイズ
  9. エンディングフェイズ

「奇想、アムネジア」の大まかなゲームのルールは、グループSNE×cosaicの「MYSTERY PARTY IN THE BOX」シリーズの他シナリオと同様です。

このシリーズの特徴は、物語終盤にストーリーの結末を大きく揺るがす”アクションフェイズ”があることです。

キャラクターごとに固有のアクションを持っており、犯人の拘束を行う”投票フェイズ”の後に目的を果たすための行動を1つ実行することができます。

エンディングの直前に、各人物の思惑が表面化し、物語が動き出す展開は必見です◎

オープニングフェイズ

オープニングフェイズでは、下記を実施します。

  • 「奇想、アムネジア」について、物語の背景を読み上げる
  • 各キャラクターの担当決めと設定書の読み込み(20分)
  • 登場人物になりきった自己紹介
  • ルールブックを基にゲームフィールドをセッティング
  • 各種カードやトークンの扱い方や”嘘”の可否などのルールを参加者全員で確認

第1調査フェイズ(20分)

調査トークン

第1調査フェイズでは、事件の調査や各々の目的を遂行するため、下記を行うことが可能です。

  • 調査トークンを使って証拠カードを獲得
  • 少人数(3人まで)での密談

第1自由討論フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、各プレイヤーは任意に意見を述べ、質疑応答や議論を行います。

第2調査フェイズ(30分)

調査トークン

調査トークンが再度配布され、第1調査フェイズと同様に調査を行います。

第2自由討論フェイズ(30分)

第1自由討論フェイズと同様にプレイヤー全員で自由に議論を行います。

推理フェイズ(1人1分)

各自1人1分程度で最終的な推理を発表します。このとき、他のプレイヤーは発言してはいけません。

発表の順番は任意でかまいません。推理を発表したい人から順に発表していきます。

投票フェイズ

全員一斉に犯人だと思う人に指をさします。

最も得票数の多かった人が犯人として拘束されます。

※拘束された人はアクションフェイズで行動することができません。

アクションフェイズ

キャラクター固有のアクションをキャラクター設定書にある”行動順”に従い、実施します。

アクションを実施する際、参加者は以下について予め決めておきます。

  • アクションの対象
  • アクションの内容

エンディングフェイズ

「奇想、アムネジア」の結末を読み、各キャラクターの得点計算へを行います。

最も得点が高かった人が勝利!ですが、物語を最も楽しんだ人が優勝です◎

評価と感想

それでは、わたしの独断と偏見による個人的な評価と感想をお話していきます!

わたしが「奇想、アムネジア」を遊んだときの条件は、下記の通りです。

参加人数  :7名(全員マダミス経験者)
プレイ時間 :約3.5時間 ※感想戦込み
GM有無 :GMなし
担当キャラ :マドウ健司

評価

物語・推理要素・キャラクター、すべて最高!マダミス玄人におすすめのシナリオです!!

グループSNE×cosaicのシナリオの中で、1、2を争う良シナリオでした!

シナリオの性質上”囚人のジレンマ”が発生しやすく、キャラクター全員が腹に何かしらの秘密を抱えたままとなり、真相に辿り着くのが非常に難しいと感じましたが、この歯ごたえのある難易度が心地よく、フィナーレの盛り上がりが最高潮に達しました。

物語、推理要素、キャラクターの個性、、、どれをとっても素晴らしい最高のマダミスでした◎

難易度

難易度は『高め』です。

調査時間や推理時間をしっかりと設けられているシナリオですが、実際に遊んでみると情報がうまく分散されており、囚人のジレンマがうまく作用して得られる情報から推理するのがなかなか難しく、時間が足りないです。

GMなしでもしっかり遊ぶことができるため、ルール自体は難しくありませんが、キャラクター設定書の量やシナリオの性質、プレイヤーが手に入れられる情報量の観点から、グループSNE×cosaicのマダミスの中でもかなり難しい方かなと思います。

また、ハンドアウトの情報量は多めなので、ハンドアウトの読み込みはしっかり時間をとりましょう。

感想

これまで遊んだマダミスの中でも上位に食い込むお気に入りのマダミスです!

この難易度が歯ごたえがあって丁度良く、とても楽しかったです!!

難易度が高めに設定されている分、各キャラクターの秘められた背景をゲーム中にはほとんど暴けず、エンディング後に明らかになることが多かった、、、悔しい!

キャラクターの設定上、皆が騙しのプロ、、、それをうまく活かしたシナリオでとてもお気に入りのシナリオになりました!

難易度が高くなればなるほど燃えるタイプの人に、とてもおすすめです。笑

まとめ

今回はマーダーミステリー「奇想、アムネジア」についてレビューしました。

奇術師になりきって一世一代の騙し合いを楽しめる、わたしがこれまでプレイしたマダミスの中でもトップクラスにおすすめのシナリオです!

本ブログでは、人数ごとに他にも多くのおすすめシナリオをレビューしています。

もしよろしれければ下記からチェックしてみてくださいね◎

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました