※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「想いは満天の星に」遊んでみたよ(ネタバレなし)

マーダーミステリー

宇宙空間で船が爆発!?
協力型ミッションを完遂し、無事にコロニーへ生還せよ!!

「想いは満天の星に」ってどんなマダミスなの?

今回はグループSNE×cosaicのパッケージ型マーダーミステリー「想いは満天の星に」について、ネタバレなしでレビューしていきます!

本作のあらすじや遊び方、プレイ感想や個人的な評価についてご紹介していますので、これから遊ぶ予定の方は、参考にしてみてくださいね。

『想いは満天の星に』ってどんなマダミス?

商品名想いは満天の星に
プレイ人数6〜7人(GM不要)
プレイ時間180分
プレイ環境オフライン
対象年齢15歳~
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎‎2022/2/18
デザイナー北沢慶
サイズ27 x 19 x 3 cm
版元グループSNE/cosaic

想いは満天の星に」は、グループSNE×cosaicより発売されているMYSTERY PARTY IN THE BOX SERIESのひとつで、まるでAmong Usのような世界観の宇宙人狼系シナリオです。

ただ真相の追及をするだけではなく、宇宙船内で起こるさまざまな問題に立ち向かうべく容疑者7名で協力&駆け引きをするギミックもあります!

GMなしでのプレイが可能で、本シナリオを6人で遊ぶ場合、1人NPCを設定します。(NPC設定カードが同梱されています)

『想いは満天の星に』のあらすじ

この物語は、遠い未来のお話です。

世界初の宇宙コロニーにて開校予定の総合大学『コズミックガーデン』、そこへの入学を目指す候補生たちが現地での最終試験へと向かい宇宙船に乗り合わせます。

しかし、その船内で爆発事件が発生してしまいます。

爆発の影響で宇宙船は機能を停止、漂流中にふと船外を見ると、人影のようなものが漂っているのが見えます。

なんと、候補生のひとりが、宇宙空間に放り出されてしまったのです!

船内に警報が鳴り響き、船内の明かりが消えて非常灯へと切り替わる中、次々にあちこちのモニターに浮かび上がるのは「主電源喪失」と「通信途絶」、それに「エンジン停止」と「空気漏洩」の警告サイン、、、

船内に残された候補生たちは協力して問題を解決し、宇宙コロニーへ辿り着かなくてはなりません。

爆発の原因は何だったのでしょうか?

そして、無事に生還することができるのでしょうか、、、!?

登場人物

それでは、宇宙船に搭乗している7名のクルーをご紹介します!

コードネーム:パイロット(20歳/男性)

陽気なパイロット候補生

  • 宇宙船の操縦士を目指している
  • 大学在学中『コズミックガーデン』候補生に

コードネーム:BS(18歳/女性)

まじめな建設技師候補生

  • 宇宙での建設作業専門家(Building Specialist)を目指している
  • まじめすぎると馬鹿にされることもあったが、技術を磨いてきた

コードネーム:クール(18歳/女性)

物静かな航法士候補生

  • どの科目も平凡な成績だが航法コンピューターの扱いは得意
  • とにかく真面目でひたむき

コードネーム:ポリス(20歳/男性)

寡黙な警備部候補生

  • 現役の警察官で秩序と平和と安全を重んじている
  • 宇宙コロニーの治安を守る一員になるため試験に挑んだ

コードネーム:キッド(14歳/男性)

天才的な航法士候補生

  • コンピューターに関して天才的な才能を持つ
  • 最年少で受験資格を獲得して最終試験に挑むことになった

コードネーム:ベテラン(47歳/男性)

熟練の建設技師候補生

  • 機械・電気関係の現場叩き上げの技術者
  • 若い頃の宇宙への憧れを捨てきれず、仕事を辞めて試験に挑んでいる

コードネーム:ナース(18歳/女性)

苦労している看護師候補生

  • 裕福ではなかったが、努力や勉強が好き
  • 最終試験に合格すると特待生として学費と生活費が完全に支給されることに

『想いは満天の星に』の遊び方/ルール

「想いは満天の星に」のゲームの流れは下記の通りです。

ゲームの進行
  1. 設定書読み込みフェイズ(15分)
  2. 自己紹介
  3. 第1調査フェイズ(20分)
  4. 第1意見交換フェイズ(10分)
  5. 第1提案フェイズ(各1分)
  6. 第1問題解決フェイズ
  7. 第2調査フェイズ(30分)
  8. 第2意見交換フェイズ(10分)
  9. 第2提案フェイズ(各1分)
  10. 容疑者拘束(投票)フェイズ
  11. 第2問題解決フェイズ
  12. アクションフェイズ
  13. エンディングフェイズ

「想いは満天の星に」の大きな特徴は、プレイヤー同士で協力or駆け引きを行う”問題解決フェイズ”があることです。

宇宙船内で起こる「主電源喪失」「通信途絶」「エンジン停止」「空気漏洩」に対して、容疑者7名で協力して宇宙船を修理するミッションがあります。

でも、問題解決の協力是非は、各キャラクターの自由です。

乗組員の中には事件を起こした犯人がいるかもしれない、、、真の協力者は誰か、読み合いが面白いギミックです!

設定書読み込みフェイズ(15分)

「想いは満天の星に」の物語背景を読み上げ、担当するキャラクターを決定した後は各自キャラクター設定者を読み込む時間になります。

ゲーム中、この設定書の内容を他のプレイヤーに見せたりすることは厳禁となります!

自己紹介

各キャラクターになりきって自己紹介を行います。

キャラクター設定書の表紙にある、公開情報をもとに自己紹介を行っていくと良いでしょう◎

第1調査フェイズ(20分)

調査トークン

第1調査フェイズでは、事件の調査や各々の目的を遂行するため、下記を行うことが可能です。

  • 調査トークンを使って証拠カードを獲得
  • 少人数での密談
  • プレイヤー同士のカードの譲渡・交換

第1意見交換フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、各プレイヤーは互いに推理や今後の行動について自由に話し合います。

ここで犯人について、故障個所の修理について意見交換を行っておくと良いでしょう。

第1提案フェイズ(各1分)

各自1分ずつ時計回りに、問題点の解決について、下記のポイントを踏まえて提案を行います。

  • どの問題を解決するのか
  • 自分に何ができるのか
  • 問題解決に対して自分が何をする予定なのか

第1問題解決フェイズ

誰がどの問題に対して修理を行うのか、またどのようにして修理に協力をするのか、このフェイズで決定します。

修理に協力するか否かはプレイヤーの自由、協力するふりをすることも可能です。

ただし、このフェイズにおいて、キャラクターひとりにつき1か所しか修理を担当することはできないので要注意です!

第2調査フェイズ(30分)

調査トークン

調査トークンが再度配布され、第1調査フェイズと同様に調査を行います。

第2意見交換フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、第1意見交換フェイズ同様、全員で意見交換を行います。

第2提案フェイズ(各1分)

第1提案フェイズと同様に、各自1分ずつ時計回りに、問題点の解決について、下記のポイントを踏まえて提案を行います。

  • 投票フェイズで誰に投票しようとしているのか
  • どの問題を解決するのか
  • 自分に何ができるのか
  • 問題解決に対して自分が何をする予定なのか

容疑者拘束(投票)フェイズ

全員一斉に犯人だと思う人に指をさします。

最も得票数の多かった人が犯人として拘束されます。

※拘束された人は以後、問題解決フェイズやアクションフェイズで行動することができません。

第2問題解決フェイズ

第1問題解決フェイズと同様、プレイヤー同士協力して故障している箇所の修理を行います。

アクションフェイズ

キャラクター固有のアクションをキャラクター設定書にある”行動順”に従い、実施します。

アクションを実施する際、参加者は以下について予め決めておきます。

  • アクションの対象
  • アクションの内容

エンディングフェイズ

「想いは満天の星に」の結末を読み、各キャラクターの得点計算へを行います。

最も得点が高かった人が勝利!ですが、物語を最も楽しんだ人が優勝です◎

評価と感想

それでは、わたしの独断と偏見による個人的な評価と感想をお話していこうと思います!

わたしが「想いは満天の星に」を遊んだときの条件は、下記の通りです。

参加人数  :6名(全員経験者)
プレイ時間 :約3.5時間(感想戦込み)
GM有無   :無
担当キャラ :パイロット

評価

宇宙人狼がマダミスの世界で楽しめる!マダミス経験者同士でのプレイがおすすめ◎

宇宙船で発生するさまざまな問題に同乗したメンバーで協力して解決していこうとするけど、中には裏切り者がいるかもしれないので、全員を闇雲に信じ切ることができない、、、

あれ?宇宙人狼っぽい、、、?なんだか既視感がありますね。笑

このように宇宙船のミッションを協力&裏切りで遂行しながら物語が進んでいく感じがマダミスとしては斬新でとても面白いシナリオでした!

ロールプレイよりも推理・ミッションに重きを置いた作品で、通常のマダミスとは異なり特殊なギミックがあるため、他のシナリオを何度か遊んだ上でプレイすることをおすすめします。

難易度

難易度は普通~やや高めくらいのシナリオです。

犯人捜しをするだけでなく、Among Usのような宇宙船の修理もミッションとして課せられているので、推理+αで脳のリソースを割く必要があります。

設定書の量は多すぎず、少なすぎず、という印象です。

でも、かなり情報が整理されていてとても読みやすくて助かりました◎

感想

宇宙船を修理する協力ミッションがとても楽しいシナリオでした!

協力ミッションでは”無事に生還する”ことが目的のミッションになるので、「犯人だから協力しない」や「犯人ではないから協力する」とは限りません。

各プレイヤーの密かな裏切りなどが物語のスパイスとなり、推理をかき乱される感じが遊んでいて面白いポイントでした◎

まとめ

今回はマーダーミステリー「想いは満天の星に」についてレビューしました。

プレイヤー同士が疑心暗鬼の中、協力&駆け引きを行うギミックが面白い、宇宙人狼系シナリオでした!

このブログでは、人数別におすすめしたい楽しいシナリオを多数ご紹介しています。

もしよろしれければ下記からチェックしてみてくださいね!!

タイトルとURLをコピーしました