※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「西洋鎧の鳴る館」遊んでみたよ(ネタバレなし)

【マダミスレビュー】「西洋鎧の鳴る館」遊んでみたよ(ネタバレなし) マーダーミステリー

オンラインでもオフラインでもプレイ可能!
2タイトルが1つのパッケージに詰まった王道のマーダーミステリー!!

「西洋鎧の鳴る館」ってどんなシナリオ?

今回はオンライン・オフラインともにプレイ可能な2本立てシナリオのパッケージ型マダミス「西洋鎧の鳴る館」について、ネタバレなしでレビューしていきます!

シナリオのあらすじや遊び方、個人的な感想・評価についてもご紹介しますので、今後プレイ予定の方の参考になれば幸いです。

『西洋鎧の鳴る館』ってどんなマダミス?

商品名西洋鎧の鳴る館
プレイ人数3~4人(GM不要)
プレイ時間~150分
対象年齢15歳~
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎2022/6/17
デザイナー江神原業一郎
サイズ11 x 15 x 4 cm
版元EJIN研究所

西洋鎧の鳴る館』は、EJIN研究所から発売されているマダミスで、名家の当主が後継者候補3名から跡取りを決め、その名を遺言書にしたためた翌日に謎の死を遂げるミステリーです。

オンライン・オフラインのどちらでも遊べるシナリオで、GMなしでプレイすることができます。

また、『西洋鎧の鳴る館』は、『コロナーの落ち着いた地で』と2シナリオがセットになっており、ひとつのパッケージで2タイトル楽しめるお得なマダミスになっています◎

『西洋鎧の鳴る館』のあらすじ

20世紀初頭、美術品や嗜好品の輸入業で財を成した結生家のお話――

当主を除いた一家3名が、交通事故により命を落としてしまいました。

この悲しい事故を受け、老い先の短い当主は、せめて自分が死ぬ前に財産を残すに相応しい後継者を見極めたいと考え、血縁の後継者候補3名を自らの邸宅に呼び集めます。

跡取りを失った結生家の事情を聞かされた3人は、骨董品の壺を見せられ、当主からその真贋を問われます。

三者三様の答えを聞いた当主は、夜のうちに遺言書を書き変えるため自室に戻り、集められた3人もそれぞれ割り当てられた客間で休むこととなりました。

しかしその翌朝、当主は寝室で変わり果てた姿で発見されてしまいます。

事件発生時に当主や後継者候補の部屋は同じ階にあり、階段には一段のぼるごとに金属音が館内に響く甲冑が置かれています。

この西洋鎧の奏でる音が、「容疑者は後継者候補の3名のうちである」ことを指し示していたのでした、、、

『西洋鎧の鳴る館』の登場人物

この物語の登場人物5名について、順にご紹介します。

結生家 当主(84歳/男性)

マダミス登場人物
  • 事件の被害者
  • 美術品や嗜好品の輸入で財を成した結生家の当主
  • 息子と孫を一度に失ったことは相当に堪えた様子

香布院 光陽(31歳/男性)

マダミス登場人物
  • 政略結婚の末裔
  • 紅茶やコーヒーなどを扱う輸入会社・香布院家の嫡男(長男)
  • 才にも財にも恵まれ何不自由なく育ち周囲を見下している節がある
  • 好きな紅茶はアールグレイ

米家 華乃子(27歳/女性)

マダミス登場人物
  • 婚外子で女子校の美術教師
  • 当主と愛人だった母親の間に生まれた子
  • 柔らかな物腰で眼鏡が似合うが少し掴み所がない女性
  • 骨董品のこととなると目の色が変わる

久慈 太空(19歳/男性)

マダミス登場人物
  • 遠縁のフリーター
  • デリバリーサービス”奪い通(うばいつ)”の配達員
  • 小柄で細身だが筋肉質
  • 孤児として施設で育った為か常に周囲に気を使いおどおど・へらへらしている

樫辻 鳩郎(60歳/男性)

マダミス登場人物
  • 結生家に10年以上仕えている住み込みの執事
  • 当主の日常生活をサポートすると同時に館の管理や使用人の手配等も行っている
  • 物静かだが常ににこやかで機敏な所作は年齢を感じさせない
  • 老眼の進行が最近の悩み

『西洋鎧の鳴る館』の遊び方/ルール

『西洋鎧の鳴る館』のゲームの流れは下記の通りです。

ゲームの進行
  1. セットアップ
  2. 舞台設定カード読み上げ
  3. 担当キャラクターの決定
  4. 自己紹介
  5. 読み合わせ
  6. 設定の読み込み(15分)
  7. 事件発生
  8. 調査シーン(90分)
  9. 推理シーン
  10. 得点計算

西洋鎧の鳴る館』は、「調査シーン」にて推理の手がかりとなるカードの情報を入手・共有・相談し、「推理シーン」で各自推理を披露して投票で犯人を決めるシナリオです。

特定のプレイヤー同士で秘密裏に会話する”密談”はなく、調査シーンでの話し合いは必ず全員で行います。

また、オフライン・オンラインいずれの場合もWebページの情報を参照する場面が出てくるので、遊ぶ際にはインターネットに接続できる環境下でプレイしましょう。

パッケージ内容物「【アンカーミステリー01】共通マニュアル」の表紙にプレイ用のURLが記載されていますので、実際にプレイする際はそちらをご確認ください。

セットアップ

オフラインでプレイする場合、「【アンカーミステリー01】共通マニュアル」を基に下図のようにカードを配置します。

【マダミスレビュー】「西洋鎧の鳴る館」遊んでみたよ(ネタバレなし)

オンラインでプレイする場合、ゲーム購入者はオフラインと同様に各種カードを手元に並べながらプレイし、それ以外のプレイヤーはHPのリンクを基にプレイします。誰がどのカードを獲得したのかを管理しながら、ゲームを進めましょう。

舞台設定カード読み上げ

オンラインプレイ・オフラインプレイともに、舞台設定カードの内容(QR先)をゲーム購入者が代表して読み上げます。

担当キャラクターの決定

「登場人物設定」を全員分確認し、配役を決定します。

※プレイヤーが3人の場合、選択できるキャラクターに制限があります。詳細はマニュアルをご確認ください。

自己紹介

「登場人物設定」の”基本設定”を基に、担当する登場人物のセリフを各担当プレイヤーが順に読み上げます。

このとき、登場人物になりきってキャラクターの自己紹介を行いましょう。

読み合わせ

登場人物の把握と物語背景の理解のため、簡単な読みあわせを行います。

設定の読み込み(15分)

各自担当する登場人物の「裏設定」を15分程度で読み込みます。

ここには、各キャラクターの秘密や行動目標などが記載されています。(誰が犯人か、アリバイ、他人に知られたくない情報など)

情報の取り扱いには十分に注意しましょう。

事件発生

先述の「読み合わせ」フェイズと同様に、各担当キャラクターのセリフを順に読み合わせていきます。

調査シーン(90分)

「調査シーン」では、制限時間90分の間で、情報(カード)の取得と全体議論を繰り返すフェイズです。

時間切れ、もしくは山札の残りのカードが合計5枚になった時点で、カードを獲得している最中でも即座に「調査シーン」は終了となります。

ここでは主にオフラインプレイ時のルールについて、ご紹介します。

情報(カード)の取得方法
  1. 「Next宣言カード」をもつプレイヤー(要はスタートプレイヤー)から時計回りの順にカードを獲得
    ※「Next宣言カード」はゲーム開始時にはゲーム購入者がもっているものとする
  2. 任意の”場所”の山札から一番上のカード(No.が小さい順)を1枚取得
    ※自分の部屋や所持品などのカードも取得可能
  3. 全員がカードを獲得したら、それぞれ取得したQR先の情報を読み込む
  4. 全員が情報を確認したら、「Next宣言カード」を持つ人から順に入手した情報を全員に口頭で共有
    ※共有方法についての詳細は後述で説明
  5. 全プレイヤーが情報を伝えたら「Next宣言」が行われるまで全員で議論する
    ※Next宣言についての詳細は後述で説明
【マダミスレビュー】「西洋鎧の鳴る館」遊んでみたよ(ネタバレなし)
情報の共有方法
  1. 取得したカードの「証拠名」を正確に読み上げる(証拠名について嘘をつくのはNG)
  2. 続いてQR先のテキストを読み上げる(情報の内容については嘘をついてもOK)
    ※情報の内容を伝える際には書いてあるまま読み上げず、キャラクターになりきって自分の言葉で伝えましょう。

その他ルールについては、下記の通りです。

  • Next宣言
    いま「Next宣言カード」を所持していないいずれかのプレイヤーが「Next!」と宣言すると「Next宣言カード」が宣言者に渡り”情報(カード)の獲得”に戻る。(誰かがNext宣言するまで議論は続く)
  • Talking About
    誰かが”Talking About”と記載されたカードを引いた場合、10分間の強制議論タイムが発生し、全員10分経過するまで次のカードを引けなくなる。

推理シーン

「推理シーン」では、これまで得た情報を整理して各自の推理を披露して投票で犯人を決めるクライマックスです。

推理シーンの手順は、以下の通りです。

  • 自由時間(10分)
  • 洞察
  • 推理披露(各3分)
  • 投票
  • エンディング

上記、各フェイズの詳細についてご説明します。

自由時間(10分)

「調査シーン」で引いた証拠カードの情報を再度見直したり、考えを整理したり、プレイヤー同士で自由に話し合いを行います。

洞察

自由時間の後、「Next宣言カード」をもつプレイヤーから順に他のプレイヤーが取得している証拠カードのうち、いずれか1枚を指定して内容を確認できます。

この段階では、洞察で読み込んだ内容について共有や話し合いをしてはいけません。

推理披露(各3分)

「Next宣言カード」をもつプレイヤーから順に、持ち時間3分の推理披露を行います。

推理披露中に他のプレイヤーは発言したり、質問をしたりしてはいけません。発言者の話を聴くのみです。

ここでは推理を披露しても、「洞察」で入手した情報を共有しても、犯人を予想しても、自らの潔白を訴えても、何を話してもOKです。

投票

誰が事件の真犯人なのか、投票で決定します。

オフラインプレイの場合は登場人物カードに指さし、オフラインプレイの場合は同時にチャットに書き込むなどにより、1人1票の投票を行います。

最多票を集めたキャラクターが今回の事件の犯人ということで、その場の話はまとまります。

票が割れて最多票が出なかった場合、”票が割れた”という形でエンディング分岐となります。

エンディング

投票が終わったら、全員で「真相カード」QR先を確認します。

投票結果に応じたエンディングを、指定された担当キャラクターのプレイヤーが読み上げます。

得点計算

順番に個々に課せられた目標(得点と獲得条件)について読み上げ、その点数と目的達成or未達を発表していきます。

最も勝利点が多かったプレイヤーの勝利!ですが、物語を楽しんだ人が優勝です◎笑

『西洋鎧の鳴る館』の評価と感想

それでは、独断と偏見による個人的な評価と感想についてお話していきましょう!

わたしが『西洋鎧の鳴る館』を遊んだときの条件は、下記の通りです。

参加人数  :3名(2人マダミス経験者+1人マダミス初心者)
プレイ時間 :約3.0時間(感想戦込み)
GM有無   :無
担当キャラ :香布院 光陽

評価

3PL可能でありながら王道のミステリー!重厚な時間を味わえるお得なパッケージマダミス!!

以前プレイしたEJIN研究所の『月落としの木霊』がとても楽しかったので期待を寄せていましたが、やはり面白いシナリオでしたね。

読み合わせパートが複数あるためキャラクターへの入り込み・ロールプレイが捗り、推理ゲームとしてだけでなく、ちゃんと”マダミス”として楽しめた作品でした。

何よりも1つのパッケージに2つ物語が付いているというお得感がたまりません◎

コンポーネント削減などにより制作コストを低減しているとのことですが、満足度を損なわないマダミスで、「え!?むしろこの価格で2シナリオも付いていていいの!?!?」と驚きました。本当にお得、、、圧倒的お得。

ただ、ルールなどが書かれたマニュアルが少々読みづらく、ルールが複雑に感じられる部分があるので、全員初心者の方でプレイするよりも経験者の人を混ぜて遊ぶことをおすすめします!

難易度

難易度は「普通~やや難しめ」です。

本作品は「調査」の時間と「議論」の時間が区切られておらず、同じフェイズ内で行われるため、時間管理がとても大事です!

カードの獲得と各自の情報整理の時間ばかりにフォーカスすると全員での話し合いが疎かになり、逆に議論ばかりに時間を割いていると情報の獲得が十分にできなくなってしまう危険性を秘めています。

また、ルールが少々複雑ということもあり、マダミスにある程度慣れている人が複数人いないと、プレイはちょっと厳しいかもしれません、、、

キャラクター設定のテキスト分量については、多くもなく、少なくもない程度の多さだと思います。

感想

3PLでも4PLでもプレイできるのが良い◎満足度高めのフルボリューム・ミステリー!

EJIN研究所のマダミス、わたしはかなり信頼を寄せているのですが、やっぱり間違いなく楽しいシナリオでめちゃくちゃ満足です。

わたしと一緒にプレイしてくれた方々とクスクス笑いながら、そしてロールプレイにのめり込みながら、3時間超卓を囲めたことが何よりも楽しかったです。

1人初めてマダミスをプレイするという方もいましたが、大変楽しんでくれたようでハッピー!こうしてマダミス沼にハマる人がどんどん増えてくれると嬉しいですね。

あと、登場キャラクターの名前の由来など、製作者のコメントが付いているのですが、ユーモアがあって笑ってしまいました。笑

江神原業一郎氏のセンスが随所で光る作品だと思うので、ぜひ通過してみてくださいね◎

まとめ

今回は、EJIN研究所によるパッケージ型マーダーミステリー『西洋鎧の鳴る館』についてレビューしました。

3PLでも4PLでも、そしてオンラインでもオフラインでも楽しめる、濃厚な王道ミステリー作品でした!

このサイトでは、多くのマダミスのレビューやおすすめシナリオなどを発信しています。

人数ごとのおすすめマダミスなど、下記関連記事についてもあわせて見てみてくださいね~!!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました