※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし) マーダーミステリー

記憶喪失になった幽霊と仲間が紡ぐ物語。
「あの夏」に囚われた若者たちによる、追憶と再生のマーダーミステリー。

「あの夏の囚人」ってどんなマダミスなの?

今回はグループSNE×cosaicのパッケージ型マーダーミステリー「あの夏の囚人」について、ネタバレなしでレビューしていきます!

本作のあらすじや遊び方、プレイ感想や個人的な評価についてご紹介していますので、これから遊ぶ予定の方は、参考にしてみてくださいね。

『あの夏の囚人』ってどんなマダミス?

商品名あの夏の囚人
プレイ人数8〜9人(GM不要)
※GMあり推奨
プレイ時間180分
プレイ環境オフライン
対象年齢15歳~
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎2021/12/3
デザイナー秋口ぎぐる、桜井理人
サイズ27 x 19 x 3 cm
版元グループSNE/cosaic

あの夏の囚人」は、グループSNE×cosaicより発売されている大人気シリーズ”MYSTERY PARTY IN THE BOX SERIES”のひとつで、GMなし・オフラインで遊ぶことができます。

記憶喪失になってしまった幽霊が、生前の友人たちを頼り自身の死の真相を探るちょっぴりエモいマダミス作品となっています。

幽霊プレイヤー独自の「他人の手札の閲覧」ルールや「小島の探索」ルールといった新鮮なギミックが盛りだくさん!

GMなしでもプレイ自体は可能ですが、GMを設けた方がより楽しくプレイできるかと思います。

本シナリオを8人で遊ぶ場合は、1人NPCを設定します。(NPC設定カードが同梱されています)

『あの夏の囚人』のあらすじ

ある葬儀の日、自分の遺影を見つめている青年がいました。

彼は自分が”すでに死んでいる”ことに気づいていますが、死ぬ数日前までの記憶がありません。

「葬儀に集まった旧友たちの力を借りれば、自分が死んだ理由がわかるかも」

そう思った青年は、旧友たちに”最期のお願い”をすることにしました。

13年前の「あの夏」に囚われた若者たちが織りなす<<追憶と再生の物語>>です。

『あの夏の囚人』の登場人物

それでは、若者たちを中心に紡ぐ物語の登場人物9名をご紹介します。

伊知哉(27歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 幽霊(生前は月守島役場職員)
  • 自身の検死の際に目が覚めた
  • 死ぬ数日前から目が覚めるまでの記憶がない
  • 二葉と恋人同士
  • 都会出身で小学2年生のときから月守島に住む

二葉(27歳/女性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 実家がみかん農家
  • 趣味はおしゃれ
  • 伊知哉とは中学3年生から付き合っている
  • 実家暮らし(伊知哉と半同棲状態)
  • 伊知哉の訃報を聞いて強いショックを受けている

光秀(27歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 兎我野家当主かつ兎我野神社の宮司
  • 神社の敷地内で一人暮らし
  • 兎我野家は月守島の地主で住民のまとめ役
  • 両親は現在月守島を離れ本土で暮らしている

詩織(25歳/女性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 兎我野家長女
  • 双子の弟(豪)がいる
  • 霊力を持っている
  • 高校卒業後は月守島唯一の食料雑貨店で勤務
  • ロックの家に日用品を届けている

豪(25歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 兎我野家次男
  • 双子の姉(詩織)がいる
  • 友人が行方不明になってから生活が荒れ始めた
  • 一時期月守島を離れていたが2年前に戻ってきた
  • 神社の近くに住み兄・光秀の仕事を手伝っている

ロック(27歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 水泳が得意で小中学生の頃は大会の常連だった
  • 13年前に同級生の丸夫が行方不明になってから引きこもりに
  • 7年前に他界した両親の保険金で生活
  • 日用品は詩織が面倒を見てくれている

奈々子(27歳/女性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 本土の公務員
  • 伊知哉の訃報により10年振りに月守島へ
  • 学生時代はずっと学級委員長を務める優等生
  • 現在も月守島の友人たちに年賀状を送っている

八田(27歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 本土の公務員
  • 伊知哉の訃報により10年振りに月守島へ
  • 農家を営む両親と仲が悪い
  • 昔から勉強が得意だった
  • 下の名前は平八郎だがこの名前で呼ばれることを嫌う

久助(42歳/男性)

【マダミスレビュー】「あの夏の囚人」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 光秀たちの叔父
  • 霊力がある
  • 月守島を離れ雑誌のライターや探偵をしている
  • 豪とは馬が合いよく連絡を取っている
  • 光秀やその仲間たちを実の弟のように思っている

『あの夏の囚人』の遊び方/ルール

「あの夏の囚人」のゲームの流れは下記の通りです。

ゲームの進行
  1. オープニングフェイズ
  2. 第1調査フェイズ(30分)
  3. 第1推理フェイズ(10分)
  4. 第1自由討論フェイズ(10分)
  5. 第2調査フェイズ(30分)
  6. 第2推理フェイズ(10分)
  7. 第2自由討論フェイズ(10分)
  8. 投票フェイズ
  9. アクションフェイズ
  10. エンディングフェイズ

「あの夏の囚人」の大まかなゲームのルールは、他のグループSNE×cosaicの「MYSTERY PARTY IN THE BOX」シリーズと同様です。

このシリーズの特徴は、”投票フェイズ”の後にもう一つ”アクションフェイズ”があることです。

物語の結末を左右する、各プレイヤーができる最後の決断になります。

実行できるアクションはキャラクターごとに異なり、たとえば他人から所持品を奪ったり、襲撃したり、誰かを守ったりなど、アクションの内容はさまざまです。

結末を知る前に、各キャラクターの思いが錯綜して物語が大きく動くところが最高に盛り上がります!

オープニングフェイズ

オープニングフェイズでは、下記を実施します。

  • 「あの夏の囚人」について、物語の背景を読み上げる
  • 各キャラクターの担当決めと設定書の読み込み
  • 登場人物になりきった自己紹介
  • ルールブックを基にゲームフィールドをセッティング
  • 各種カードやトークンの扱い方や”嘘”の可否などのルールを参加者全員で確認

第1調査フェイズ(30分)

調査トークン

第1調査フェイズでは、事件の調査や各々の目的を遂行するため、下記を行うことが可能です。

  • 調査トークンを使って証拠カードを獲得
  • 少人数での密談
  • プレイヤー同士のカードの譲渡・交換

第1推理フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、現段階での各自の推理を1人あたり1分程度で話します。

第1自由討論フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、

各プレイヤーは任意に意見を述べ、質疑応答や議論を行います。

第2調査フェイズ(30分)

調査トークン

調査トークンが再度配布され、第1調査フェイズと同様に調査を行います。

第2推理フェイズ(10分)

全員着席してテーブルを囲み、

第1推理フェイズ同様各自1分程度で推理を発表します。

第2自由討論フェイズ(10分)

第1自由討論フェイズと同様にプレイヤー全員で自由に議論を行います。

投票フェイズ

全員一斉に犯人だと思う人に指をさします。

最も得票数の多かった人が犯人として拘束されます。

※拘束された人はアクションフェイズで行動することができません。

アクションフェイズ

キャラクター固有のアクションをキャラクター設定書にある”行動順”に従い、実施します。

アクションを実施する際、参加者は以下について予め決めておきます。

  • アクションの対象
  • アクションの内容

エンディングフェイズ

「あの夏の囚人」の結末を読み、各キャラクターの得点計算へを行います。

最も得点が高かった人が勝利!ですが、物語を最も楽しんだ人が優勝です◎

評価と感想

それでは、わたしの独断と偏見による個人的な評価と感想をお話します!

わたしが「あの夏の囚人」を遊んだときの条件は、下記の通りです。

参加人数  :9名(1名初心者、8名経験者)
プレイ時間 :約4.5時間(感想戦込み)
GM有無   :無
担当キャラ :詩織

評価

物語のスパイスとなるギミックがもりだくさん!マダミス熟練者は通過しておきたいシナリオです!

“プレイヤーに幽霊がいる”他のマダミスとは毛色の違うシナリオ、そして船に乗って小島の探索など、物語のスパイスとなる要素が散りばめられ、エモさと斬新さが交錯する深みのあるシナリオでした!

世界観の没入感とロールプレイ重視のシナリオですが、推理要素も楽しめる物語です。

“MYSTERY PARTY IN THE BOX SERIES”の中でもトップクラスで面白い、お気に入りのマダミスになりました◎

難易度

難易度が『高い』シナリオです。

ルールがかなり複雑なので、GMがいないと事故が起きる可能性が高いシナリオだと思います。

事故の主な原因は、キャラクター設定書にしか記載されていない独自のルールがあること、、、

例えば、ルールブックに「◯◯することはできない」と書かれていても、個別のキャラクター設定書の方にのみ「このキャラクターは◯◯することができる」と書かれている場合があります。

自分の卓では事故は起きませんでしたが、GMが居た方が安心です◎

また、キャラクター設定書の量はかなり多めです。

人物の背景や過去について、そしてキャラクター固有のルールの記載もあるため、情報を整理するのにちょっと苦戦するかもしれません。

ですが、わたしが遊んだグループSNE×cosaicのマダミスの中で、一番面白いシナリオでした◎

感想

どこか懐かしく儚い、そしてちょっぴりエモいシナリオでした。

とある田舎の島で子ども時代をともに過ごした仲間たちが大人になって再び集まり、現在と「あの夏」の謎を解き明かしていく、、、

遊んでいる最中、わたしの頭の中では、ZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」や、BUMP OF CHICKENの「宝石になった日」がBGMのように流れていましたね。笑

ルールブックのルールが必ずしも正ではなく、キャラクター設定書にあるルールの優先度が高いというところも「自分だけなのかも!」という特別感があって楽しく遊ぶことができました!

まとめ

今回は、パッケージ型マーダーミステリー「あの夏の囚人」についてレビューしました。

数多のシナリオを通過したマダミスの猛者たちに、ぜひおすすめしたいシナリオです!

このブログでは、他にもプレイ人数ごとにおすすめのシナリオを多くご紹介しています。

よろしれければ下記からチェックしてみてくださいね◎

タイトルとURLをコピーしました