※本サイトは商品・サービスの画像・リンク先にプロモーションを含みます※

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし) マーダーミステリー

150分の船旅をあなたに――
豪華客船の臨場感あふれる、至高の2PLマーダーミステリー!

「黒白海路」ってどんなシナリオ?

今回は2PLパッケージ型マーダーミステリー「黒白海路」について、ネタバレなしでレビューします。

シナリオのあらすじや遊び方、実際に遊んでみた感想や評価について綴っていますので、これから遊ぶ予定のあなたの参考にして頂けますと幸いです!

『黒白海路』ってどんなマダミス?

商品名黒白海路
プレイ人数2人(GM不要)
プレイ時間150分
プレイ環境オフライン
対象年齢15歳~
ジャンルマーダーミステリー
発売時期‎‎‎‎‎‎2024/5/31
デザイナー川人忠明
サイズ‎16 x 11 x 3 cm
版元グループSNE/cosaic

黒白海路』は、グループSNEとcosaicのMurder Mystery Miniシリーズのひとつで、2人で遊べるマーダーミステリーです。

2人で遊べるための趣向が凝らされ、まるでその場にいるかのような臨場感、リアルタイム性を体感できます。

Murder Mystery Miniシリーズの中では150分と長尺で、ボリュームたっぷりのシナリオです!

『黒白海路』のあらすじ

四葉財閥が新たに就航させた豪華客船<ムーンダスト>、”永遠の幸福”という花言葉をもつ名前を与えられたこの船は、1900億円の巨費と3年の歳月を費やして建造されました。

晴れやかな夏のある日、<ムーンダスト>は処女航海へと出航しました。

しかし出航の翌日、6人の乗客たちは自分たち以外の乗客や船員が船から忽然と姿を消していたことに気が付きます。

さらに、美しい海が一望できるテラスレストランにて、シャンデリアに吊られた男の死体が発見されます。

その状況から、男が何者かに殺害されたことは明白でした。

6人の乗客たちは無言のまま、互いを探るように視線を交わします。

果たして、消えた乗客たちはどこへ行ってしまったのでしょうか?

そして、吊られた男を殺した犯人はこの中にいるのでしょうか?

誰もが疑心暗鬼になる中、乗客たちは窮地を切り抜ける為、話し合いを始めるのでした、、、

『黒白海路』の登場人物

プレイヤーが演じる2人の人物について、ご紹介します。

本作品では2人のプレイヤーキャラクターがいますが、どちらも性別が定められていません。

キャラクターを選んだプレイヤー本人が好きな性別を選び、ロールプレイすることができます。

四葉由紀(16歳)

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 四葉財閥の当主である蕗芽の孫
  • 次期当主
  • 事件当日の朝は自室(四葉由紀の客室)で目覚めた

※名前の読み方は、性別を男性でプレイする場合は「よつは よしのり」、女性でプレイする場合は「よつは ゆき」と読む。

蘇芳翔(29歳)

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)
  • 四葉家に代々仕える家柄の出身
  • 四葉由紀が小さい頃から仕えている従者
  • 事件当日の朝は自室(蘇芳翔の客室)で目覚めた

※名前の読み方は、性別を男性でプレイする場合は「すおう かける」、女性でプレイする場合は「すおう なつる」と読む。

『黒白海路』の遊び方/ルール

大まかなゲームの流れは下記の通りです。

ゲームの進行
  1. 導入と配役の決定(6分)
  2. 設定書の読み込み(20分)
  3. 自己紹介(2分)
  4. 第1調査フェイズ(21分)
  5. 第2調査フェイズ(21分)
  6. イベントフェイズ(5分)
  7. 第3調査フェイズ(21分)
  8. 第4調査フェイズ(21分)
  9. 最終調査フェイズ(4分)
  10. 回答フェイズ(5分)
  11. エンディングフェイズ(20分)

2PLでもしっかり楽しめる工夫が凝らされているため、本シナリオは独自のルールが多数盛り込まれている変わり種のシナリオです。

通常マダミスでは、プレイヤー全員が共通の場に置かれたカード・シートなどから調査を行うことが一般的ですが、本作ではキャラクターごとにそれぞれ異なるマップシート・異なるカードが用意されており、各キャラクター専用の場にて調査を行います。

つまり、演じるキャラクターごとに得られる情報が異なる可能性を秘めているのです!すごいシステムですよね。

それでは、遊び方やそのシステムの詳細について、もう少し詳しく解説していきます。

導入と配役の決定(6分)

プレイヤー1人がルールブックに記載された「導入」(物語の背景・あらすじ)を読み上げます。

その後、プレイヤーは「四葉由紀」「蘇芳翔」のどちらのキャラクターを担当するかを選択します。

キャラクター選択後、ゲームの準備として各自セッティングを行います。

本作品では、調査可能な船内マップ・情報カードがキャラクターごとに異なります。

それぞれでマップシートを広げるため、大きめのテーブルで遊ぶことをおすすめします。

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)
↑四葉由紀専用の船内マップシートと情報カード配置例
【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)
↑蘇芳翔専用の船内マップシートと情報カード配置例

設定書の読み込み(20分)

プレイヤーはそれぞれが担当するキャラクターの設定書を受け取り黙読します。

自己紹介(2分)

各プレイヤーは1分程度で自分が担当するキャラクターとして自己紹介を行います。

各自の設定書表紙に書かれた公開情報を基に、キャラクターになりきって話しましょう。

第1調査フェイズ(21分)

“調査”と”話し合い”を下記のように交互に3回ずつ行います。

  • 調査1回目(蘇芳翔が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い1回目
  • 調査2回目(蘇芳翔が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い2回目
  • 調査3回目(蘇芳翔が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い3回目

調査(3分)

“調査”は情報カードを各自の場から獲得するシーンです。

調査の手順
  1. 蘇芳翔プレイヤーが自分の場から調査したい情報カードを1枚宣言
  2. 四葉由紀プレイヤーが自分の場から調査したい情報カードを1枚宣言
    ※この時、四葉由紀プレイヤーは、先に調査する蘇芳翔プレイヤーが選んでいるのと同じ人物やカードを選べないので要注意です。
  3. 2人の宣言完了後、各自宣言したカードを同時に獲得・内容確認
  4. 獲得したカードになんらかの指示が書かれていた場合は実行
    ※カード獲得にはさらに細かいルールがあるので、プレイの際にはしっかりルールブックを確認しましょう。

話し合い(4分)

“話し合い”は、事件の真相解明や目的達成に向けて議論をするシーンです。

「男を殺したのは誰か?」「なぜ招待客や船員たちは消えてしまったのか?」について話し合いましょう。

もちろん各自の目的を達成すべく、相手から必要な情報を聞き出すなどしてもOKです。

話し合いのルール
  1. 獲得した情報カードのうち、「アイテム」と書かれているものは公開・譲渡可能
  2. 「アイテム」と記載のない情報カードは公開も譲渡も不可

第2調査フェイズ(21分)

第1調査フェイズと同様に”調査”と”話し合い”を3回ずつ行います。

ただし、このフェイズでは先に四葉由紀プレイヤーが調査したいカードを選び、後から蘇芳翔プレイヤーが選ぶことに注意しましょう。

  • 調査1回目(四葉由紀が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い1回目
  • 調査2回目(四葉由紀が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い2回目
  • 調査3回目(四葉由紀が先にカードを選ぶ)
  • 話し合い3回目

イベントフェイズ(5分)

それぞれ各担当キャラクターの「イベント冊子」と「質問書」を受け取り、内容を確認します。

この時、「イベント冊子」と「質問書」を相手プレイヤーに見せない(見られない)よう注意してください。

また、「質問書」の内容を相手プレイヤーに教えることもNGです。

【マダミスレビュー】「黒白海路」遊んでみたよ(ネタバレなし)

第3調査フェイズ(21分)

これまでの調査フェイズと同様に”調査”と”話し合い”を3回ずつ行います。

このフェイズでは第1調査フェイズと同じく、先に蘇芳翔プレイヤーが調査したいカードを選び、後から四葉由紀プレイヤーが選びます。

第4調査フェイズ(21分)

これまでの調査フェイズと同様に”調査”と”話し合い”を3回ずつ行います。

このフェイズでは第2調査フェイズと同じく、先に四葉由紀プレイヤーが調査したいカードを選び、後から蘇芳翔プレイヤーが選びます。

最終調査フェイズ(4分)

この調査フェイズでは、”調査”と”話し合い”を1回ずつ行います。

調査の順番は、第1調査フェイズと同じく先に蘇芳翔プレイヤーがカードを選び、後から四葉由紀プレイヤーが選びます。

回答フェイズ(5分)

各自イベントフェイズで受け取った「質問書」を確認し、設問に対する回答を書き込みましょう。

すべての質問に必ず回答します。

エンディングフェイズ(20分)

エンディングブックを全員が見えるよう開き、指示に従い読み上げましょう。

途中、「質問書」の設問を基に各キャラクター回答を求められ、その回答に応じて行動解決する場面があります。

指定があった場合は都度回答を宣言してエンディングを創り上げていきましょう。

最後に得点計算を行い、それぞれ目的が達成されたかどうか判断します。

最も得点が高かった人が勝利!ですが、物語を最大限に楽しんだ人が優勝です!!

『黒白海路』の評価と感想

それでは、独断と偏見による個人的な評価と感想を綴ります。

わたしが本作を遊んだときの条件は、下記の通りです。

参加人数  :2名(どちらも経験者)
プレイ時間 :約3.0時間(感想戦込み)
GM有無   :無
担当キャラ :蘇芳翔(♀)

評価

臨場感がハンパない!キャラクター固有視点とリアルタイム性を兼ね備えた最強2PLシナリオ◎

本作最大の魅力はなんといってもキャラクターごとにマップシート・情報カードが用意されているところです!

このシステムが想像以上に画期的で、「相手が調査すると違う情報が出てくるかもしれない」という好奇心と猜疑心を掻き立ててくれます。

また、どちらのキャラクターを選んだとしても性別を選択できる点もいいですよね。

キャラクターの性別によってロールプレイ・感情移入のしやすさに影響を及ぼすので、自分がどちらの性別を演じたいのかをプレイヤーに委ねてくれるところにホスピタリティを感じました。

推理、ロールプレイ、情緒、どれをとっても2PLとは思えぬほど楽しめるシナリオではないでしょうか。

Murder Mystery Miniシリーズの中で突出してプレイ時間が長く設定されているシナリオですが、2人で遊べるという点でプレイのハードルが低く、しかも、がっつり遊べます。

ただ、設定書の情報量が大変多く、シナリオの性質上独自ルールが多いので、何度か他のシナリオを回ったことのあるマダミス経験者におすすめです!

難易度

難易度は『やや高め』です。

キャラクター設定書のテキスト量がとても多く、若干読みづらさを感じてしまいました。

目標や行動指針はまとめられているものの、行動のタイムテーブルや各自キャラクターが抱えている情報・秘密がゴリゴリのストーリーテラー。

後から設定書を確認する際、「どこに書かれているんだっけ!?」と情報を探すのが大変で、わたし個人の体感として情報整理に苦戦するシナリオでした、、、

タイムテーブルを表でまとめたり、要点を箇条書きなどでまとめてくれると整理しやすくて嬉しいですね。

自分のメモでまとめれば解決するんですけど、わたしのズボラが出ちゃいましたね、すみません、、、

感想

2PLシナリオの中で一番のお気に入りに◎GMとしてまだ見ぬ2人の物語を見届けたくてうずうずしちゃう!

いや~本当に面白くて、記憶を消してもう一度プレイしたいし、それが叶わなくてもGMとして他の2人の物語を見届けたいと心から思えるマダミスでした。

時間についてのお手軽さはないものの、人数の面では最高にお手軽なので、ぜひ本記事に辿り着いたあなたに遊んでほしいシナリオです◎

ひとつ懸念点を挙げるとしたら、”遊ぶ場所”ですかね。

わたしの卓では45cm×60cmのテーブルでプレイしようとしましたが、ちょっと無理でしたw

マップシートのサイズは1枚あたり26.5cm×36.5cm、マップシートを囲むようにカードを配置する上にこれが2セット置かなければならない、、、ということでやむを得ず無敵のゲームフィールド「床」に広げました。笑

床に広げることに抵抗がなければ問題ないかと思いますが、可能であれば広めのテーブルでのプレイをおすすめします。

まとめ

今回はMurder Mystery Miniシリーズ2人用マーダーミステリー「黒白海路」についてレビューしました。

リアルタイムで船旅をしているかのような、臨場感あふれる至高の2PLシナリオでした!

当サイトでは、ほかのマーダーミステリーのシリーズ作品や、2人用おすすめマダミス作品など、パッケージ型マダミスを中心にアナログゲームの情報を数多く発信しています。

以下にあわせて読んで頂きたいおすすめの記事をご紹介していますので、ぜひ覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました